日和佐うみがめ博物館カレッタ
日和佐うみがめ博物館カレッタ
休館日について
毎週月曜日が休館日となっておりますが、祝日などの場合は、その翌日に移しています。
お盆や、元旦も営業しております。年末の29日から31日までは、休館となっております。
館内で食事ができますか?
大変申し訳ありませんが、館内は飲食禁止となっております。近辺のレストラン等をご利用ください。
近辺でお弁当が食べられる場所はございますか?
近くの八幡神社や大浜海岸などは広くなっておりますので、お弁当などを食べることは可能です。
雨天の場合は、総合体育館をご利用ください。お弁当は近くで依頼できる店舗が何点か存在しますので、お問い合わせください。
館内にウミガメ関連のグッズは置いてありますか?
現在は、館内にミュージアムショップ等は設けておりません。
うみがめ荘や道の駅日和佐物産館などをご利用ください。
博物館は再入場可能ですか?
チケットを提示していただければ、その日に限り再入場可能です。
ウミガメはいつ上陸しますか?
アカウミガメは、春から夏にかけて上陸産卵します。そして、ウミガメは涼しく、外敵がいない夜を好んで産卵に上がってきます。美波町では、5月20日から8月20日まで、ウミガメ保護監視規制制度が設けられ、監視員が巡回しています。
ウミガメの上陸は見学できますか?
観察していただくことが可能です。産卵中のウミガメは警戒心が強いので、ウミガメの気持ちになって、静かに見学してください。監視員の指示に従ってください。基本的に撮影等は禁止とさせていただいております。
ウミガメの上陸は行けば必ず見られますか?
以前は毎日上陸していましたが、現在は減少しており、毎日とは言い切れません。年によっても差があります。
ピークの時期であれば、2、3日の間には1,2回は上陸があるはずです。
産卵は6月末から7月の始めが第一のピークとなり、7月末から8月の始めが第二ピークです。その後はあまり上陸しません。
産卵が観察したいのですが、周辺で待機できるところはありますか?
徒歩でしたら、海岸前でお待ちいただけます。
お車の場合は、近くの八幡神社か道の駅日和佐をご利用ください。
ウミガメが上陸したら教えてくれると聞きましたが、
美波町近辺の宿泊施設に宿泊していただいていれば、宿泊施設が教えてくれます。
美波町のホームページから登録いただける。メール機能のうみがメールに登録いただければ、携帯にメールが届くシステムもございます。
連絡が来てから、どの程度で見学できますか?
カメによりますが、監視員が連絡をしてから、約20分ほどで産卵に入り見学できるようになります。
また、40分を過ぎると産卵が終わってしまい、見学いただけない場合がありますので、お急ぎください。
ウミガメの産卵する日を予想することはできますか?
確実ではありませんが、いくつか方法があります。ウミガメは1シーズン中に同じ海岸に何度も産卵する場合が多いです。
そしてそれは、約2週間の周期で繰り返されます。
つまり、産卵があった日の約14日後には再び上陸する可能性が高いです。 よく満月が関係するといわれますが、実際はあまり関係ありません。
夏休みになると、毎週祝日に子ガメの放流会を行っていたと思うのですが、現在もやっているのでしょうか?
子ガメの放流会は、現在では、子ガメの体力の消耗させてしまうため、保護にならないという考え方が主流となっています。
よってカレッタでは、現在、孵化した子ガメを夜中のうちに放流しているため、昼間の放流会は行っておりません。その代わりとして、保護した野生のウミガメを放流したり、自然の状態の子ガメの脱出を観察する脱出観察会を行っています。人間がカメに合わせる形になりますが、ご覧になりたい方は、ご連絡ください。